ショップ

アラスカに散った女

販売価格 1,080円(税込)
購入数

末期のガンに侵された康子。
治療はせず、自ら命を絶つことを選択する。
その場所に選んだのが北米アラスカの地。
静かに人生の幕を下ろすはずが、
想像もしない展開となる──。
官能小説に民俗文化が交叉する。

目 次

 第一章 出会い
  1 先生の生い立ちと幼少時代
  2 康子の生い立ち
  3 先生との出会い
  4 キララの殿との出会い
 第二章 先生との結びつきNGOとインド
  1 ヒンズー教
  2 カースト
  3 タージ・マハル
  4 インドの環境問題
  5 トイレ
  6 インドの文化的環境
  7 1+1=2
 第三章 病気発症
 第四章 お別れ 日本脱出
 第五章 パラダイスの世界 黒と白
 第六章 お迎え 再会
  あとがき


 著者  田川 清(たがわ きよし)
 書名  アラスカに散った女
 サイズ 四六判・並製本・78頁
 定価  本体1000円+税
 ISBN978-4-88519-407-8
 著者略歴
 1936年6月29日生まれ。
 現在、名古屋市在住。歯科医師。医学博士。
 著作『天衣無縫 我が人生 ─キララの殿のユネスコライフ』中日出版社、2008年。

pagetop
スマホサイトを表示