ショップ

青のルネサンス─The blue Renaissance

販売価格 1,080円(税込)
購入数

「負の遺産からの展開、ルネサンスと仮定してみましょうか」と亡霊の囁く声に耳を傾けながら、今を生きる様々な女性を垣間見、否定をせずに古典とロマン主義を寄り添わせてみました。(あとがきより一部抜粋)

書 名:青のルネサンス The blue Renaissance
著者名:唯木佐保子
    1959年札幌市生まれ。
    高校時代、高田敏子氏に師事。
    同人誌「ぱん・ふるーと」同人。
    日本現代詩人会会員。中日詩人会会員。
仕 様:四六判・並製本・70頁
定価(本体1,000円+税)
ISBN978-4-908454-21-9


<目次>

序 詩

秋─ 霧時雨
 青い唇
 銀杏の木陰のあなた
 青い月
 十和田湖畔裸婦像
 一つのレモン
 記憶と曖昧
 霧時雨

冬─ 雪の夕暮れ
 朝陽と夕陽
 東の園
 ピアノ
 青 馬
 朝が眩しい日

春─ 春霞尾上の桜
 吉野の里歌
 ピアノとレンギョウ
 河を越えて
 ライラックの追憶
 薔薇の一日
 森のお茶会
 椅 子

夏─ 花橘にホトトギス
 春の森(郭公公爵)
 大和橘 愛しきこの全て
 盗まれたハープ
 君との夜明け
 夏の表現者
 夏休みと朝

 あとがき


著者 唯木佐保子
HP http://www.geocities.jp/mimi53so_0807/

pagetop
スマホサイトを表示